女性ホルモンのバランスとニキビ

様々な要因が重なってホルモンバランスが崩れてしまうとニキビが出来やすくなります。
女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、女性の場合この二つのホルモンが周期的に増減を繰り返しています。
そのため、女性の肌はとても不安定なのです。
エストロゲンには体作り、肌の潤い、ハリ、シワやたるみを予防する役割があり、プロゲステロンには皮脂の分泌を促す役割を担っています。
このバランスが崩れてしまうと皮脂の過剰分泌が起こり、毛穴が詰まりやすい環境になりニキビが出来てしまうのです。
また他にも頭痛や精神不安定、生理不順などといった様々な不調を引き起こします。
肌の場合、最も大きな影響を受けるのがターンオーバーです。
28日周期で肌は生まれ変わりますが何らかの原因でホルモンバランスが乱れてしまうといつまでも肌が生まれ変わらなくなることで肌荒れを引き起こします。
ホルモンバランスも乱れは不規則な生活やストレス、偏った食生活など様々な要因が重なって起こります。
基本的に自身で予防や対策することが可能ですから積極的に規則的な生活を心がけましょう。